まぶたが痙攣する病気とは?何科の病院を受診すれば良いの?

更新日:

まぶたが痙攣する場合は、眼精疲労や顔面ミオキミアといった病気が考えられます。

症状が深刻化した時に何科の病院を受診すれば良いのか、正しい対策や対処の方法を見ていきましょう。

まぶたが痙攣する代表的な病気は?

まぶたのピクピクや痙攣の症状があまりにも長く続く場合、何かしらの病気が引き起こされている可能性があります。

なかには深刻な病気が潜んでいるケースも多く、代表的なものをいくつか挙げてみました。

  • 眼精疲労:パソコンやスマホを使う機会の多い現代人が引き起こしやすく、まぶたの上下が痙攣したり頭痛やめまいなど全身症状が出たりする
  • 眼瞼痙攣:顔の筋肉を動かしている神経が勝手に収縮する病気で、「光が眩しい」「目が乾く」といった症状も同時に出やすい
  • 顔面ミオキミア:神経の眼輪筋の一部に異常な興奮が発生すると発症しやすく、放置すると命の危険に関わることもある

現代人が悩まされることの多い眼精疲労であれば、蒸しタオルで目の周囲を温めたりツボを刺激したりして症状が和らぎます。

しかし、顔面ミオキミアなど自然と解消されない病気のリスクもあり、脳腫瘍の危険性もありますので十分に注意してください。

まぶたの痙攣は何科の病院を受診すれば良いの?

まぶたに痙攣の症状が出て、何科の病院を受診すれば良いのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

総合病院へと足を運んでMRI検査やCT検査を受けるのは選択肢のひとつですが、目の周囲の症状ですので基本的には眼科でOKです。

  • ゆっくりと休んでも目の痙攣が続いて中々解消されない
  • ただのドライアイや疲れ目の症状ではないと感じている
  • 痙攣が起きると目を開けていられなくなる
  • 時間の経過で少しずつ上のまぶたが下がってくる
  • 目の周囲に加えて顔にも痙攣の症状が引き起こされている

これらの症状が出たら自宅でのケアでは改善できないケースが多く、悪化を防ぐために眼科の専門医へと相談してみてください。

まぶたがピクピクする程度の症状はアイアクトで改善可能!

痙攣が長期間に渡って続くのではなく、まぶたがピクピクとする程度の症状であればアイクリームのアイアクトで改善できます。

まぶたのピクピクを解消するために開発され、以下ではアイアクトの特徴をまとめてみました。

  • 目の周りの緊張を和らげたり筋肉を収縮させたりする成分が含まれている
  • 独自のテクノロジーで有効成分の浸透力を高めている
  • 着色料やパラベンを含まない無添加の安全性の高いクリームに仕上げている
  • 初めて使う女性のために30日間返金保証制度が用意されている

自宅で好きなタイミングで塗布するという簡単なケアで済みますので、アイアクトでまぶたのピクピクを抑えてみてください。

-コラム

Copyright© アイアクトまとめ , 2018 All Rights Reserved.