まぶたが垂れる原因とは?加齢によるたるみを解消する方法はあるの?

更新日:

目の周囲の筋肉が衰えたり皮膚に弾力がなくなったりという原因でまぶたは垂れやすくなります。

顔全体が暗い印象になってしまいますので、以下ではまぶたが垂れる症状を解消する方法をまとめてみました。

まぶたが垂れる原因をチェック!

  • まぶたが垂れて重そうに見える
  • まぶたがたるんで見える
  • まぶたの皮膚が目に被っている

このような状態は目力がなくなり、冴えない印象を周囲の人に与えてしまいます。

眠そうに思われるケースも多く、以下ではまぶたが垂れる原因をいくつか挙げてみました。

  • 加齢によって目の周囲の筋肉が衰えて皮膚を支えられなくなる
  • 年齢を重ねてかぶたの皮膚にハリや弾力がなくなる
  • まぶたを持ち上げている筋肉の眼瞼挙筋の力が弱まっている

加齢による影響が非常に大きいため、まぶたが垂れるのは仕方がありません。

しかし、目を酷使し過ぎていたり乾燥して潤いが逃げたりとほかの要因も重なり合うと症状が進行しやすく、「暗い印象の顔になる」「老けて見られる」「目が開けられない」といった弊害がありますので注意が必要です。

まぶたのたるみを解消する方法はある?

以下では、まぶたのたるみを解消する方法をまとめてみました。

加齢によるたるみの進行スピードを遅くする対策はあり、何をすれば良いのかチェックしておいてください。

まぶたのピクピクに良いアイアクトを塗る

皮膚のたるみ自体に働きかけるわけではないものの、クリームのアイアクトの中にはまぶたのピクピクに良い有効成分がバランス良く入っています。

  1. まぶたの周りや眉間を中心にアイアクトを塗布する
  2. 眼瞼緊張抑制成分が皮膚へと浸透する
  3. まぶたのピクピクや痙攣の症状を緩和する
  4. 目を開けているのが辛い症状をケアできる

このような効果を持ち、目をパッチリと開けることができれば目力をつけられるのです。

まぶたが垂れる症状でお悩みの女性にもピッタリですので、毎日のスキンケアの中にアイアクトを取り入れてみましょう。

まぶたのたるみを解消するエクササイズを行う

まぶたのたるみを解消するエクササイズは、年齢によって垂れやすい皮膚へとハリを出すのに効果的です。

目の周囲の筋肉を発達させるケアにもつながり、以下ではエクササイズの正しい方法をまとめてみました。

  1. おでこに両手を置いて小指を眉毛の上に乗せる
  2. おでこを押さえながら手の平の中心をこめかみに置く
  3. おでこを固定してパっと目を強く見開く
  4. 5秒間程度キープし、1日に10セットを繰り返す

身体のなかでも鍛えるのが意外と難しい筋肉ですので、暇な時や入浴中など自分の好きなタイミングでエクササイズへと取り組んでみてください。

-コラム

Copyright© アイアクトまとめ , 2018 All Rights Reserved.